通信講座の活用


女性自身の受験予定にマッチする、通学スタイルの口座が見当たらない、もしくは継続した受講が難しい場合、通信講座の活用が見過ごせません。とりわけ公認会計士試験に初めてチャレンジされる方々にとっては、試験日当日までの自習計画を的確に立て、それを独力だけで継続する作業は容易ではありません。時に違った方向に学習時間や労力を費やしてしまう、あるいは気分が乗らずに自身に課したノルマを先送りにしてしまうなど、独学には無意識のうちのロスのリスクが否めません。こうした負の展開を防ぐ意味でも、そしてより確実に合格を手にする上でも、第三者の指導と導きに沿った学習スタイルの活用が大切です

通信講座のメリットとして、通学に要する時間と労力が不要である点、設定されたカリキュラムを確実にこなし続ける中、試験対策としてポイントを押さえた勉強が確実に出来る点が挙げられます。過去問題の出題傾向や、世の中全体の動向を見据えて作成された教材を用いての指導が仰げるメリットは、通学スタイルでの勉強時準じる効果が十分期待出来ます。但し仮に勉強が滞ったり放置したとしても、それを戒めてもらえる訳ではありません。自分自身に厳しく、公認会計士合格という目標に向けての1人の学習は、広義では独学の範疇に含まれると捉えての活用が求められます。